和魂漢菜本店 メニューのご紹介①

オープンして10日程経ちました。
ご来店頂いたお客様、有り難うございました。
残念ながら、まだ知名度も無く淋しい店内です…

こういう時に出来る事、ということで
メニューのご紹介を少々。

今回店を開けるに当たってどうしてもやりたかったこと。
「お客様にお椀(お澄まし)をお出しする」しかも「皆さんに飲んで頂く」
お味噌汁もホッとしますが、五臓六腑に染み渡るのはやはり「出汁」です。
DSC07139
暑い毎日、どうしても冷たいものに手が伸びてしまいがちですが
まず、お椀を飲んで頂き、胃を暖めるのは体にとっても良い事。
暴飲暴食も避けられそうです。是非お試し下さい。
日替わりの内容で30元。皆様に飲んで頂きたいのでお安くしております。

次にやりたかったのが「蒸し物」
酒菜屋ではお客様が多いので、こういった手が掛かり時間がかかる
料理は不可能でした。シェア出来ませんし。
ここならお二人かお一人なのでシェアも出来そうです。
DSC06865
「蕪蒸し」ならぬ「大根蒸し」です。
中にはその日仕入れた白身魚(甘鯛等)が入っています。
優しいあんをかけた京都の名物。是非召し上がって頂きたい。45元
限界まで出汁を含ませ、出汁が溢れ返ってしまう「茶碗蒸し」もあります。

DSC06890
豚バラ肉と肩ロースを和風出汁で長時間かけて蒸し上げた
「豚肉のスープ蒸し」
トロッとろの食感とクリアなスープが美味しいです。
脂は消え、旨味だけが残った脂身がまた美味。
スープも残さず召し上がって頂きたい一品です。55元

白菜の芯だけを使い、蒸し上げた「白菜のスープ蒸し」もあります。

長くなりますので、残りは次回ということで。
もちろんお刺身、お寿司。
その日仕入れた魚も準備しております。

 

カテゴリー: 和魂漢菜 パーマリンク

コメントは停止中です。

: 毎天都在奋斗のトップに戻る / 毎天都在奋斗主页 :