2020年上半期振返り 其の⑤

ゆっくりですが順調に回復していた売上ですが、
「飼い犬に手を噛まれる」事態が勃発という…

「コロナサーモン」(怒)
いやぁ、風評被害もいいところ。
そこまでして、他国由来としたいのか、
ノーベル賞の恨みもあったのか定かではありませんが、
とにかく「サーモンの魚体表面からコロナウイルス検出」と。

子供でもわかります。「市場で切ったときに付着」
しかも「北京の市場」仕入れルートも全く違う。
しかも。サーモンは世界中に輸出されているが
検出されたとの報告はゼロ。
世界中の市場の中で「北京」の一つの市場のみ「検出}

さすが香港では、即「ありえない」と報道。

こちらでは「一斉にサーモン忌避」
SNSでも「サーモン危ない」の連呼。
「まだ日本料理行ってるのか!」とか…
あんなに愛してたクセに(怒)

右向けといえば思いっきり我先に右向く人民。
全員が「サーモン自粛警察」に

其の日から、一気に入客三分の一に…(怒)
あろうことかランチタイムまで急降下(怒)
二週間刺身一切出ず(怒)

サーモン→コロナ
サーモン→日本料理
コロナ=日本料理
風評被害の連立方程式

私どもはまだマシな方だったみたいで、高級寿司などは
予約軒並みキャンセルらしく、ここでも方程式爆発。
輸入禁止となり街中からサーモンが消えました。
経済制裁ですね。きっと

ということは、ですよ
「きっとサーモンは売れ残って安くなってる筈。買い占めるべきである」
急いでいったのに…
無いんですよね。一匹も。
先やられた感ありありです。

7月に入って、
何事もなかったように、
サーモンは輸入され、
驚くほどのスピードで
消費されております。

7月に入ったので其の⑥はやりません。
今後は日々の「いとをかし」な出来事を
徒然なるままに書き留めていきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。

: 毎天都在奋斗のトップに戻る / 毎天都在奋斗主页 :